国宝に指定されている日本刀

博物館での日本刀の展示の仕方

博物館での日本刀の展示の仕方 世界では日本刀のブームで、シンプルでかっこいいと人気となっています。
当時の武士達の魂とも言える日本刀は太刀と呼ばれるものもあれば、刀と呼ばれるものもあり博物館でも展示の仕方が異なります。
歴史上として太刀は平安時代の登場で馬上戦で使う為に作られたもので、長さは2尺から3尺に至ります。
一方刀は室町時代以降の登場で、地上で戦う為の刀です。
折角、博物館に日本刀鑑賞に行っても太刀なのか、刀なのか分からなければ意味がありません。
実は展示方法を変える事で誰にでもわかる様に展示しています。
実際の展示方法では、刃を下向きに展示しているのが太刀で上向に展示しているのが刀になります。
太刀は馬上戦にて、馬を操るのに邪魔にならない様に、そして馬に揺られて太刀を抜いた時に危なくない様に刃を下向きにして腰から吊るして装備していました。
当時の使用状況からもこうした展示方法となっています。
刀は、敵が現れた際には直ぐに切りつけられる様に刃を上向に鞘に収め装備していました。
当時の使い方をそのままに展示している訳です。

日本刀を錆びから守るお手入れ方法

日本刀を錆びから守るお手入れ方法 日本刀が錆びないようにするには、古い油を拭い取り、新しい油をきちんと万遍なく塗ることです。
汚れてしまった油は出来る限り日本刀から拭き取るようにし、新しい油は薄く(油をひくという)塗ります。
錆びを防ぐ油は丁子油といい、市販されています。
この油を塗る紙は、ネルなどの柔らかな布を適当な大きさに切って使います。
手入れの順番は、目釘抜きで日本刀の目釘を最初に抜き取ります。
そして柄を外し、刀を鞘から抜き取ります。
次に「はばき」を取り除き、拭い紙を2枚用意しておいて、その1枚目で古い油や汚れを取ります。
汚れが拭いただけでは取れない場合、脱脂綿やガーゼに無水アルコールかベンジンなどを染ませて、そっと拭きましょう。
そして、もう1枚の拭い紙で同様に刀を拭きます。
油塗紙を幅3cm、長さ6cmくらいに畳んでおいて、新しい油を染ませて汚れを拭う時と同じように丁寧にゆっくりと油を塗ります。
ムラがないように1度だけでなく、2度3度と塗るようにしてください。

新着情報

◎2017/9/22

日本刀の展示
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

国宝に指定されている日本刀
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

日本刀の扱い方・磨き方
の情報を更新しました。

「日本刀 展示」
に関連するツイート
Twitter

春日大社国宝殿「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」。入場直後に展示されている童子切の写しが撮影OK。野性味あるというのかけっこう荒々しい感じ。鬼も切れそう。 pic.twitter.com/0knaZYHY2s

川越行ったんだけどね、やばい歴史博物館あったよ、日本刀三振も持たせて頂けるし色々教えてくれるし展示品も出して触らせてくれる…やばい pic.twitter.com/S9gOG5tCP0

刀剣博物館の「日本刀の見方」は私のようにゲームから入ったにわか野郎にもわかりやすく、かつ関連づけたような展示ラインナップなのでとても面白いし助かる。こちら5月17日までなので隊長さん達も是非。 pic.twitter.com/DkswryvmDF

京都刀剣御朱印めぐり行ってきました。 藤森神社→豊国神社→粟田神社→建勲神社ルートで 12時過ぎには終了したので、唐突に奈良へ(奈良は予定になかった)最古の日本刀の世界、後期の展示見てきました。 pic.twitter.com/5virrPHt79

返信先:@risucoya こんばんは☆彡りすこさん! マジですか~日本刀好きとは🥰 坂城町に人間国宝にもなった有名な刀匠がいまして 鉄の展示館という場所に3回くらい行きました 1人寂しく(笑) 刀を見て会話して、背筋を伸ばしに行きます シャンとしないとね😉 是非、長野にいらしたら寄って見て下さい 小さい展示館ですが

そうそう、春日大社の国宝殿で飾ってあった。日本刀展示も色々あって賑わってました。 pic.twitter.com/12SEB3woMt

Twitterごまさん執行まだまだ堪能中!@5ma5ma1

返信 リツイート 昨日 19:46

春日大社国宝展示行ってきた!日本刀の初期らへんの歴史がよく分かった。やはり平安鎌倉の刀は優美でしなやか pic.twitter.com/WTG73UhrjD

本日は備前長船刀剣博物館に行ってきた。赤羽刀の展示も興味深かったけど、日本刀の手入れ講座がとても楽しかった。研ぎ師の先生が目の前で実演して、一から丁寧に教えてくださる貴重な機会。お手入れの手順だけでなく使う油や打粉、高級国産ティッシュのこととかも話して下さったのが凄く面白かった😊 pic.twitter.com/kD82uTlZiI

日本刀講座行ってきた😀今日のテーマは時代区分について。文化、政治、経済によって分け方に違いがあること、また日本史の区分は西洋史学からの輸入概念であるということを教わりました。 今後、展示のキャプションに書かれている時代の表現を注意深く見てみようと思いました

今回の旅行のメイン。 春日大社「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」。 トーハクから出張の「童子切」、箱根神社「薄緑(膝丸)」他毛抜形太刀を始め国宝の太刀をめっちゃ観られました。 赤銅造太刀(重文)も展示されてて、剣豪小説によく出てくる人で、この太刀拵えの人いたよね…?ってなった。 pic.twitter.com/BMCNiz7Rb1